MENU
美容師としてもっとできる真面目なこと 美容室がもっとできる楽しいこと 人としてもっとできる素敵なこともっと自由な発想で もっともっと一生懸命 できることを考えます。

美容師としてもっとできる真面目なこと
美容室がもっとできる楽しいこと
人としてもっとできる素敵なこと

もっと自由な発想で
もっともっと一生懸命
できることを考えます。

kazunori saito

stylist新潟市の専門学校を卒業後、長岡市内の老舗バーバーにて修行。その後ヘアデザインを学ぶべく美容の世界へ..2017年。母が営む田舎の理髪店の影響を強く受け「部屋着でも通えるデザイナーサロン」をコンセプトにtRUNKをオープン。輝かしい数々の受賞歴などは特にないがベーシックな技術を大切に「日常に活きるデザイン」を日々追い求めている。
stylisthatenablog_bnr

新潟市の専門学校を卒業後、長岡市内の老舗バーバーにて修行。その後ヘアデザインを学ぶべく美容の世界へ..2017年。母が営む田舎の理髪店の影響を強く受け「部屋着でも通えるデザイナーサロン」をコンセプトにtRUNKをオープン。輝かしい数々の受賞歴などは特にないがベーシックな技術を大切に「日常に活きるデザイン」を日々追い求めている。

asuko saito

makeup(妻)
高校卒業後。化粧品会社に就職。その後トランクの立ち上げに参加。今日に至るまでメイクに携わる仕事を続けている。現在はブライダルを専門に着付け・メイク・ ヘアセットを行うかたわらトランクのフォロワーとしてサロン現場に立つ日々を過ごしている。美容バカの夫を暖かく支えるトランクにとってなくてはならない重要な存在。
makeup(妻)

高校卒業後。化粧品会社に就職。その後トランクの立ち上げに参加。今日に至るまでメイクに携わる仕事を続けている。現在はブライダルを専門に着付け・メイク・ ヘアセットを行うかたわらトランクのフォロワーとしてサロン現場に立つ日々を過ごしている。美容バカの夫を暖かく支えるトランクにとってなくてはならない重要な存在。

©2015 tRUNK なびこ 株式会社イクスループ